無意識にしていませんか?あなたの意識で顎関節症を克服

普段の悪い癖を失して筋肉と骨への負担軽減

顎の不調が出てきたときに振り返ってみると毎日の生活で無意識に顎を強く噛みこんだり、歯ぎしり、頬杖やうつ伏せ寝をしていませんか?
硬い物を食べたり、打撲や転倒などの外傷的損傷で顎の筋肉や骨を強い負担がかかっています。
こうした元々の顎関節と筋肉の構造上の不具合だけでなく日々の悪習で症状が発症し悪化してしまいます。
湿布やマッサージで顎の筋肉をもみほぐしたり、生活習慣を見直して改善するということを歯医者での治療と合わせて行うことで症状を軽減させ完治への近道となります。
自分自身で普段の問題行動を探すのは困難だと思います。歯医者での指摘等を素直に受け止め実行することで大掛かりな治療をすることなく症状改善に近づくでしょう。

自分で顎関節症の症状改善をきちんと確認

いったん治療が終了して痛みや不快感が消失しても、その後にストレスや疲れが溜まると症状がぶり返してきてしまうことがあります。
こうした不安定な「隠れ顎関節症」の状態で虫歯の治療や矯正治療をしてしまうとせっかく治療したのにまたやり直すことになってしまいます。
また治療前に顎関節症を引き起こした普段の生活習慣(頬杖をつく、一日中ガムを噛んでいる、うつ伏せで寝ている等)を治療終了後も意識して癖をなくしていくことで再発を防止していくことが可能です。
こうした無駄な負担をしないためには自分自身で口の開閉を見ながら症状が完全に出ていないことを確認しましょう。
時間とお金、身体に負担がかかる治療は一度だけにして自分を大切に過ごしましょう。


Shear!

B!